成り上がった人①

ネット通信事業のアリババ創始者の中国の起業家「ジャック・マー」についてです。

彼の経歴はとてもすごいでの紹介します。

目次
生い立ち
インターネットとの出会い
成功
名言

生い立ち

大富豪になる人なった人はエリート路線を歩んでいると思ったのですが、彼は違います。

子供の頃は成績は良くなかったのです。

ただ子供の頃に英語を勉強したかったので朝早くから近くのホテルに自転車で向かい外国人と話しましました。9年間続けて英語を習得したのです。
発想と行動力がすごいです。

大学に2回落ちて大学進学を諦めて三輪自動車の運転手になります。
のちに3浪の末に進学します。

就活で30回も落とされます。

ケンタッキー・フライドチキンが中国に店を出した時にスタッフに応募し24人中23人が合格したのに彼だけ落ちました。

警察官になろうとしたが5人中彼だけ落ちました。

アリババで成功するまでに40社以上の企業を起こしていずれも失敗
そして月給1200円の大学の講師の仕事しか決まりませんでした。

 
ここまででかなり挫折をしてます。
 
ここから大成功するのだから人生わからないです。
 

インターネットとの出会い

1995年、アメリカでインターネットに出会いそして中国初のビジネス発信サイト「中国イエローページ」を
 
開設します。
 
しかし当時はそもそもインターネットをやっている人がほとんどいない時代です。
 
周りの人はインターネットに未来を感じてなかった。
 
そして誰も期待していなかった。
 
 
3ヶ月かけて銀行から35万円借りようとしたが失敗

30人以上の投資家に断られた

アリババが酷いビジネスモデルだと言われたが僕が信じ続けた。

最初の3年の収益は100円にも満たなかった
それでも前に進めたのは顧客から感謝のメールがあったからです。
 

成功

少しずつ会社を大きくし基盤を作り上げ、「アリババグループ」「Tモールグループ」「タオバオグループ」

「アリペイ」などができました。

人々から頭がいいねと言われるようになる

名言

他人がどう言おうと自分を信じること

コメント