期間工の仕事の幸福度について

新着記事

 

期間工の仕事ってやりがいはあるの?

 

 

けん
けん

ない・・・

幸福度とは簡単にいうと幸福の程度のことになります。

 

色々な仕事があるけど仕事によって幸福度は違います。

 

幸福度の高い仕事は牧師、医療系、教育系などになります。

他人を気づかい、人に対して与えた影響がダイレクトにかえってくる仕事が幸福度が高いそうです。

 

 

幸福度の低い仕事は工場の単純作業、スーパーのレジ打ちなどになります。

 

 

期間工の仕事の幸福度は低い。

仕事が他人に感謝されているかわからないし、自分が役に立っている実感を感じにくいです。

 

働いてみてやりがいを感じたことはほとんどないです。

全くないと言ってもいいかもしれない。

なんでなんだろうと考えてみたら、自分のしている仕事がそもそもなんなのかよくわかってないし自分の考えではなく言われた事をする作業をただひたすらそして毎日しているのでやりがいはないです。

そして自分である必要はないし誰にでもできる事なので達成感もないです。

ただ仕事の難易度は極めて簡単なので仕事はつまらないけど悩みなどはないです。

仕事の時間だけ言われた事をすればいいだけです。

 

人と関わる仕事がしたくない人にはいいと思う。

仕事とプライベートを完全に分けたい人にもいいと思います。

 

ただやっぱある程度人と関わった方がやりがいとか達成感などが得られると思います。

 

他の仕事をしていた時の方が給料は低かったけど楽しかったしやりがいなどはありました。

 

それでも期間工、派遣工をやるのはやっぱりお金のメリットがあるからです。

 

やっぱりお金が稼げるから期間工をしているって人がほとんどだと思います。

 

今度はお金による幸福度について考えてみます。

 

幸福度と年収は比例するけど、年収7万5千ドル(およそ800万円)でほぼ頭打ちになるということが研究がありました。

 

ここまでは年収が上がると事に幸福度も上がるので期間工の仕事をして年収を上げるのは年収の面では幸福度が高くなります。

 

 

 

調べてみると幸福度を上げるためには趣味を持つことになります。

幸せな人のおよそ8割が趣味を持っているそうです。

 

 

 

仕事後には好きな事をして、あと食事は好きなものを食べるようにして毎日の生活に飽きないように楽しく過ごせるようにしています。

 

仕事はお金を稼ぐためってわりきってその他の時間を充実させれるように仕事は強度の軽い楽な仕事であるのが必須です。

 

そうしないと仕事をして疲れて休んで寝れまた仕事っていうルーティンになってしまうのでこれは肉体的にも精神的にもキツイです。目的がしっかり決まってないとモチベーションが保てないです。

 

 

期間工の仕事で幸福度を上げるのは難しいのでその他の事を楽しむって感じで自分は過ごしてます。

 

自由に使えるお金は多いのでいろいろなことができると思います。

 


にほんブログ村 就職バイトブログへ

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント