期間工の年収を考察してみる

期間工について

期間工の年収は約430万円くらいになります。

男性も女性も期間工は同じ給料形態になります。

もちろん職場の状況によっては残業休日などが多ければ500万円を超えることもあります。

ただ残業休日などが少ないと400万円を下回る可能性もあります。

完全に運です笑 期間工は運の要素がかなり強いです。

ただ多くの期間工は寮費光熱費が無料なのでかなりお金が浮くと思います。

仮に家賃5万円で光熱費1万円なら年間で72万円も浮くことになります。

しかも期間工は敷金礼金とかもないのが強みです。

世代別年収↓

20代前半約250万円
20代後半約350万円
30代前半約400万円
30代後半約440万円

比較してみても期間工の年収は高いですね笑

ただ期間工は昇級しません(ただ勤務年数によって日給が上がる会社もあります)

期間工は学歴資格もなくてこんだけ稼げるのは使い方によっては得です。

当たり工程につけば本当にこの仕事でこんなに給料もらっていいの?みたいな感じになります笑

僕は当たり工程とハズレ工程をやりましたがハズレ工程の時は契約を更新する考えは全くなかったです笑

そんなに深く考えないで他の会社に行ってもいいと思います。

自分に合う仕事、住まい、人間関係、都合などがよかったときには長く働いてもいいと思います。

集合寮が嫌だったら派遣などを利用して派遣雇用になるとアパートに一部家賃を払ったりなどして住めたりもします。

同じ会社でもいくつかパターンがあるので自分にあったパターンを選ぶことがいいと思います。

そのためにかなり無駄な記事が多いですが、たまにはためになる情報を書きます笑

大体は期間工の仕事は能力ってよりかはどちらかというと敵性が重要だと思います

たまに仕事ができる能力の高い人がいます。単純に期間工の中では例外だと僕は思ってます。

 

短期で入社祝い金狙いも稼げるので全然ありです笑

もし気に入った会社が見つかったら2年11ヶ月働いて契約がきれて、また戻って来てもいいと思います。

実際にそういう人はけっこういます。

期間工の働き方はいろいろあるので期間工をやる人がそれぞれ自分にあった働き方が見つかることを望んでます。

 

 

 


期間工ランキング

にほんブログ村 就職バイトブログへ
にほんブログ村

コメント